知的資産経営とは何か?

 知的資産とは、人材、技術、組織力、顧客とのネットワーク、ブランドなどの目に見えない資産のことで、企業の競争力の源泉となるものです。

 これは、特許やノウハウなどの「知的財産」だけではなく、組織や人材、ネットワークなどの「企業の強みとなる資産を総称」する幅広い考え方です。見えない強み)

 さらに、このような企業に固有の知的資産を認識し、有効に組み合わせて活用していく   

                       ことを通じて収益につなげる経営を「知的資        

                       産経営」と呼びます。


 わかりやすい具体例を1つだけ挙げますと、当事務所が今春採択を受けた「小規模事業者持続化補助金」(日本商工会議所)の申請作業でも、当事務所の見える強み見えない強みの双方を冷静に可視化しました。

 このような補助金・助成金の申請の場面でも、「知的資産経営」の視点が不可欠な時代になってきています。

 今後も時おり、この知的資産やその中の知的財産(特許・実用新案・意匠・商標・著作・不正競争防止法など)の話題に触れてまいります。


※図は経済産業省の「知的資産・知的資産経営とは」から引用させていただきました。

http://www.meti.go.jp/policy/intellectual_assets/teigi.html