離婚を考えたとき、お勧めの離婚手続きは?

まずは、協議離婚(公正証書化)をご検討ください。

 

 協議離婚とは夫婦双方に「離婚の意思と離婚の合意」があり、離婚届を市区町村役場へ提出することで成立する離婚のことです。離婚の理由などもとくに問われません。

 協議離婚は時間や費用が節約できることから最も簡単な離婚の方法です。他人には知られたくない夫婦間のプライバシーが、裁判所の法廷などで明らかにされることもありません。離婚の約90%がこの協議離婚で、調停離婚が9%、裁判離婚が1%という割合です。(未成年の子どもがいる場合には、父母のどちらが親権者になるのか決めておく必要があります。)

 

 しかし、十分な話し合いのないまま離婚しますと、後々に慰謝料・財産分与・養育費などが支払われないといった金銭トラブルに発展してしまうことが多々あります。(離婚後に継続的に養育費の支払いがある世帯は、わずか17.7%にすぎません。全国母子世帯等調査結果報告)

 そこで、金銭的な条件を含めた書面(合意書)を取り交わしておく必要があります。   

 ただし、素人の作成によってこの合意書の内容があいまいだったり不正確だったりすると、やはりトラブルの原因になってしまいます。

 

 ですから、法律の専門家の行政書士が合意書の内容をチェックして、公証役場で公正証書にしておくことをお勧めします。

 

かつて愛し合ったお二人が、別々の人生においてもさらにお幸せになれますように。 

 

 詳しくはいつでもご相談ください。


 

              (全国対応!神戸・西宮・大阪・阪神間の山本行政書士事務所)