交通事故SOS、資料「交通事故で行政書士に相談するメリット」無料でダウンロード
交通事故SOS、資料「交通事故で行政書士に相談するメリット」無料でダウンロード

2015年

11月

29日

損害賠償額(慰謝料・休業損害など)が¥700万に!

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

26日

日本交通法学会の入会承認を得ました。

続きを読む 4 コメント

2015年

10月

15日

「宮っ子11月・12月号」(西宮市広報冊子)に掲載されます。

「宮っ子11月・12月号」(西宮市広報冊子)に掲載されます。
交通事故・離婚・遺言・相続・VISA・契約・会社設立などの法律でお困りのこと。海や船のこと。
いつでもお気軽にご連絡ください。
宮っこ広告1002-3.pdf
PDFファイル 258.6 KB
0 コメント

2015年

9月

07日

「サンケイリビング」に広告掲載されます!

 当事務所の広告記事を、サンケイリビング(神戸版・阪神版・大阪版etc...)に掲載させていただきます。
よろしかったらご覧くださいね。


 なお、昨日、消費者問題のトラブルについてのご相談がありました。
 このような問題の場合には、示談書(和解契約書)を公正証書にすることをお勧めします。後々の争いごとの蒸し返しを予防するとともに、公正証書に「強制執行認諾文言」を付記することによって費用と時間がかかる訴訟を避けることができます。

 このようなトラブルも、お気軽にご相談ください。

続きを読む 0 コメント

2015年

8月

15日

交通事故に遭ったらお読みください!

交通事故に遭われた皆さまへ。きっとお役に立てるメッセージを贈ります。
わかりやすく書いたつもりですが、ご不明点はいつでもお気軽にご連絡ください

続きを読む

2015年

8月

13日

センターラインを越えた車に衝突!  

 ドライバーの間での衝撃的な判決=「もらい事故」に巻き込まれた“被害者”でも、損害賠償責任を負わされる可能性?について簡潔に記します。

 批判が多かった判決です。ご参考になれれば幸いです。

 

(事案)

 福井県内の国道で、居眠り運転でセンターラインをはみ出した乗用車が、直進してきた対向車と正面衝突した事故。居眠り運転していた乗用車側の助手席男性が死亡。運転していた大学生や、衝突された対向車の運転手らは肩などを骨折する大ケガ。

 

(福井地裁判決:平成27年4月13日)
・死亡した助手席男性の遺族(原告)は居眠り運転していた大学生に対して提訴。約6700万円

   の損害賠償責任がある。
・居眠り運転手とは別に、「突っ込まれた対向車の運転手」(被告&“被害者”)にも約4000万

   円の賠償責任がある。

 

(山本行政書士の私見)

  福井地裁判決は、論理構成・立証責任面・結論の具体的妥当性からも至極まっとうな判決だ 

 と思います。


  「突っ込まれた対向車の運転手」(被告&“被害者”)の約4000万円の賠償責任は、内訳

 (自賠責保険から3000万円&任意保険から約1000万円)が原告に支払われます。結局「突っ

 込まれた対向車の運転手」には経済的負担はない結果となります。


  なお、死亡した助手席男性所有の付保車両であり「家族限定特約」付き。それゆえ、居眠り

 運転手の事故には、遺族に対する任意保険がおりなかった事案です。


  上級審の判断も仰ぎたい事案です。



Cf.<法的視点&論理構成>
(原則:不法行為責任・民709)
原告は被告の過失についての立証責任を負う。=実際上は相当困難
(例外:自賠責法3但書・「被害者救済」の観点から挙証責任を転換。人身事故のみ適用。物損事故には不適用)
被告が無過失を立証できない限り、責任を負う。


※本件では、「突っ込まれた対向車の運転手」(被告&“被害者”)が、問題の対向車両がセンターラインをはみ出してきた時点で、3台目の位置にあり、わき見運転。急制動やクラクションで衝突を回避できる可能性があった。

 その結果、無過失の立証に失敗。有責。

 物損面では、過失が認められないから賠償責任を否定。(原則論に戻って)

 


事故の詳細は、このわかりやすいインターネット記事もご参考になさってください。

 

          

                                         (全国対応!神戸・西宮・大阪・阪神間の山本行政書士事務所)


0 コメント

2015年

8月

12日

搭乗者傷害保険と人身傷害保険の違いは何?

【よくわからない!~搭乗者傷害保険人身傷害保険はどこが違うの?】

 

 交通事故被害者のご相談をお受けしていますと、この2つの違いをよくわからないまま保険契約をされているかたが多いです。
 そこで、この2つの違いを記します。あくまでも一般論ですから、ご自身の保険証券をご確認ください。

 

Q1.「誰が」保険金の支払いを受けられるのか?
Q2.「どのような事故で」保険金の支払いを受けられるのか?
Q3.保険金を「どのように算定」するのか?(定額払いか実損払いか?)

 

 

Q1.「誰が」保険金の支払いを受けられるのか?

 

※搭乗者傷害保険では、被保険自動車(保険証券に記載された自動車)に搭乗している人(運転    

 者も含む)が被保険者となります。
※人身傷害保険では、被保険自動車に搭乗している人だけでなく、被保険自動車に搭乗していな

 い記名被保険者(保険証券に記載されている被保険者)やその家族も被保険者となります。

 

 

Q2.「どのような事故で」保険金の支払いを受けられるのか?


※搭乗者傷害保険では、被保険自動車に関する事故しか保険事故となりません。

 典型例は、被保険自動車に搭乗中の衝突事故です。
※人身傷害保険では、被保険自動車に関する事故はもちろん、他の自動車に関する事故も保険事

 故となります。たとえば他の自動車に搭乗中の事故や、歩行中に他の自動車にはねられた場合

 にも保険事故となります。

 

 

Q3.保険金を「どのように算定」するのか?(定額払いか実損払いか?)


※搭乗者傷害保険では、契約で決められた定額の保険金が支払われます。死亡保

 険金、後遺障害保険金、医療保険金などですが、治療費や、収入、年齢などによって金額が変

 わることはありません。(定額払い)

※人身傷害保険は実損を填補する傷害保険です。保険金は定額ではなく、治療費、休業損害、慰

 謝料などが約款で定められた基準にしたがって算出されて支払われます。収入や年齢によって

 金額が変わってきます。(実損払い)

              

              (全国対応!神戸・西宮・大阪・阪神間の山本行政書士事務所)

 

 

続きを読む 0 コメント

2015年

8月

02日

自転車運転の厳罰化にご注意を!道路交通法

 【自転車運転者はご注意!平成27年6月1日改正道路交通法】
 改正道路交通法を読んでいました。

 以下、私なりに考えました、皆さまのご留意点について3点まとめます。


1.(危険運転を2回繰り返す者に講習の義務付け)
 危険行為を繰り返す自転車運転者に対して「自転車運転者講習」を課すことになりました。
「危険運転」としては信号無視、酒酔い運転(単なる酒気帯び運転ではない)、遮断踏立入り、一時不停止違反などの14類型が定められ、これらに違反し2回以上摘発されますと、都道府県公安委員会から講習を受けるよう命令が出されます。...
 例えば、車両一時停止規制のある場所で、自転車ではしっかり足をつけて停止しない人は多いと思います。物陰で警察官が見張っていれば、それだけで1回摘発されてしまうでしょう。

 

2.(受講しない者には罰金刑(反則金ではなく、より重い刑事罰))
 講習時間は3時間手数料は5,700円です。
 受講しない者には「5万円以下の罰金」を科されます。これは反則金ではなく刑事罰ですから、罰金を科されると「前科」が付きます。たかが講習だといって受講しないと、大変なことになってしまいます。

 

3.(とくに企業・事業主は、従業員の業務・通勤時の自転車使用による注意を払うべき)
 民事賠償の関係では、今回の改正が自転車による事故の賠償責任に与える影響はとくにはないと思います。あくまで講習制度が始まっただけであって、新たに自転車の運転それ自体に新たな規制や注意義務が課されたわけではないからです。
 ただ、自転車の事故による死傷者数は年々減少する傾向が続いていますが、自転車対歩行者の事故に限っては増加傾向にあります。
 国際的にみれば日本の人口当たり自転車事故死者数は先進国中最多であり、走行距離当たり死者数でみても北欧諸国の2倍ほどになっています。
 とりわけ業務上の車両(貨物・旅客の運送、商品の配達等)は、時間の制約上、比較的危険な運転をして事故を起こしやすい印象があります。
 このようなことから、とくに企業や事業主は本改正に留意すべきと考えます。従業員に対する教育を徹底するなどして業務や通勤の上で繰り返し摘発されることがないようにすべきですし、摘発されたり受講を怠った従業員をどう処遇するかにつき新たに検討しておく必要があるでしょう。

 

              (全国対応!神戸・西宮・大阪・阪神間の山本行政書士事務所)


0 コメント